絶賛つぶやき中 Twitter @kametoto
リアルタイムな情報はTwitterで発信してます♪
TweetsWind
Kiss Day

 コレクターユイ(シンクロとユイ):Kiss Day(シンユイ)
↑クリックで拡大


5月23日 キスの日

1946年のこの日、日本で初めてキスシーンが登場する映画である、佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされた。
当時、映画製作もGHQの検閲下にあり、民間情報教育局(CIE)のコンデが、完成した脚本がその前に見せられたものと違うことを指摘した上、接吻場面を入れることを要求した。
主演の大坂史郎と幾野道子がほんのわずか唇をあわせただけだったが、それでも話題を呼び、映画館は連日満員になった。
(引用元:今日は何の日~毎日が記念日~



……と、ゆーわけで。
仕事中に構図が浮かんで、残り体力と引き替えにがんばったw
見た人の想像を刺激するように描いたんで、絵に関しての解説はナシで。




あちこちに書いてる気がするんだけど、「シンユイ」って実は「ユイ(攻)×シン(受)」なんじゃないかなーと。
両思いであることが前提で、だけどね。

いやまあ本編2期終了時で「両思い」だとは思うんだよ。
ただ、本人たちに自覚があるかどうかは別。
ユイちゃんは「友だち」と思ってるかもしれないし。
シンクロはただの「好き」と恋愛の「好き」が違うものだって、知識はあっても理解はしてないかもしれないし。


で、「シンユイ」じゃなく「ユイシン」だって話に戻すと。


シンクロは人間のためにつくられたソフトウェアで、「協調」を司るせいか相手の気持ちとか読み取って気を遣う性格だからね。
自分の気持ちをはっきり自覚したら、「人間、春日結」の邪魔をしないようにって遠慮しちゃうと思うんだわ。
どんなに"心"が人間に近づいたとしても、人間になることはできないから。
シンクロ自身の思慮深さが、一番分厚い障害になっちゃうわけ。

逆にユイちゃんは細かい事を気にしない……気がつかないとも言えるかもなw
2期ユイちゃんの行動で、なんとなく想像できるんだよね。
ユイちゃんはシンクロには自分の気持ちを正直にぶつけるし、一切遠慮してない。
シンクロの複雑な気持ちを理解したらしたで、最初は悩んだり迷ったりするけどそのうち

「それが何だっていうのよ!」

ってなるだろうから。
たとえシンクロが拒否したとしても、ユイちゃんは自分で納得するまでぶつかっていくと思う。

積極的なのはユイちゃんの方で、最終的にシンクロが折れて……って形になりそうだなと。
そー思うわけ。

[2012/09/03 22:31] | シンクロ×ユイ | コメント(0) | page top
<<シンクロ | ホーム | おきものしんゆい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |